PENTAXで綴る写心日記

愛機PENTAX K-1 K- 3Ⅱ K-30 フィルムはPENTAX MX。撮りためた写真から撮りたての写真まで気まぐれに。

春の薔薇の季節

神代植物公園の薔薇フェスタの季節がやってきた。

 

この期間は早朝開園してるので、開園の8時に行ってみたが、門の前にはすでに多くの人が並んでいた。

 

f:id:ERI-I:20190520200736j:image


f:id:ERI-I:20190520200724j:image


f:id:ERI-I:20190520200747j:image

最近はなんでもFA77㎜リミテッドで撮っていたが、現在修理のため不在。

代わりにFA50㎜マクロを付けてみた。

使いやすい焦点距離


f:id:ERI-I:20190520200817j:image


f:id:ERI-I:20190520200830j:image


f:id:ERI-I:20190520200803j:image

 

薔薇の次は紫陽花かな。

 

朝の深大寺

土日は沢山の人が訪れる深大寺

まだお蕎麦屋さんが開店する前の静かな時間に歩いてみた。

 

f:id:ERI-I:20190518170947j:image


f:id:ERI-I:20190518171038j:image


f:id:ERI-I:20190518171103j:image


f:id:ERI-I:20190518171025j:image


f:id:ERI-I:20190518171006j:image


f:id:ERI-I:20190518171051j:image

 

実は初めて一眼レフを買って写真を撮りに来たのは早朝の深大寺だったことを思い出した。

何をどう撮ったらいいかもわからず。

それでも楽しかったことを思い出した。

 

 

 

珈琲天国

天国へ行ってきた。

と言っても三途の川は渡っていない。

 

 

浅草の純喫茶「珈琲天国」だ。

実はこの店のことは知らなかった。

今回パンケーキを食べに行く、というお題があり、都内でパンケーキを食べられるお店を探し、なぜか行き着いたのがここだった。

 

f:id:ERI-I:20190513225341j:image

見ての通り、パンケーキではなくホットケーキが正しいようだ。

オリジナルグッズもいろいろある。

 

f:id:ERI-I:20190513225600j:image

そして並んでる間につい買ってしまうのがこの缶バッジ。

もちろん買ったけど。

 

f:id:ERI-I:20190513225253j:image

店内にはこんな懐かしいものも。


f:id:ERI-I:20190513225025j:image

純喫茶と言えばクリームソーダ


f:id:ERI-I:20190513225221j:image

ホットケーキは、割と小さめなので、おやつにペロリと食べられる。


f:id:ERI-I:20190513225146j:image

店内も小さいのですぐにお客さんでいっぱいになる。土日は結構並ぶようだ。

 

f:id:ERI-I:20190513225823j:image

なんだか観光客気分が味わえて、楽しい1日であった。

 

青山パン祭りへ行ってきた

今日は青山で開催中の青山パン祭りへ行ってきた。

f:id:ERI-I:20190512181243j:image

 

きっと混雑してるんだろうな、と思ったが、やはり凄い人だった。

 

パンだけでなく、お野菜、フルーツ、お花、ジャムやミルク、いろんなものが販売されていた。

f:id:ERI-I:20190512181557j:image
f:id:ERI-I:20190512181454j:image
f:id:ERI-I:20190512181652j:image

 

実は普段、ごはん党なので、あまりパンのことは詳しくない。

どれが美味しいのか知らないが、人気のパンは行列が出来ていた。


f:id:ERI-I:20190512181637j:image
f:id:ERI-I:20190512181433j:image
f:id:ERI-I:20190512181533j:image
f:id:ERI-I:20190512181617j:image
f:id:ERI-I:20190512181515j:image

ブラックペッパーの塩漬けも売っていた。

なかなかいいお値段だったが、試食で美味しかったので購入。

 

青山を歩くのも久しぶりだった。

やはり東京って楽しい。

 

 

湯檜曽駅から土合駅へ

宿をチェックアウトした時、外は雨だった。

雨の中、どこにも出かける気分にならなかったので、日本一のモグラ駅で有名な隣の土合駅で途中下車することにした。

 

f:id:ERI-I:20190504170558j:image

宿から歩いて5分程のところに湯檜曽駅はあった。小さな無人駅。

雨がこの駅を一層寂しげにさせていた。

 

f:id:ERI-I:20190504170750j:image

 

中はびっくりするくらい暗い。


f:id:ERI-I:20190504170812j:image

 

そして人がいないのでいろんな意味で怖くなる。


f:id:ERI-I:20190504170726j:image

 

電車も時間より少し遅れて来たので不安になりながらも、到着した電車は普通の上越線

 

隣の土合駅に着いたら、湯檜曽より人も多くて、あまり怖さは感じなかった。

f:id:ERI-I:20190504171426j:image

ここから462段の階段を上がらなければ外へ出られない。

f:id:ERI-I:20190504172006j:image

 

f:id:ERI-I:20190504171700j:image


f:id:ERI-I:20190504172111j:image


f:id:ERI-I:20190504171301j:image

お疲れ様でした、と労いの言葉が記してあった。

 

f:id:ERI-I:20190504171328j:image

ここも無人駅。

 

f:id:ERI-I:20190504171613j:image

待合室も利用されていなかった。


f:id:ERI-I:20190504171458j:image

しかしここは谷川岳の登山客が利用することもあり、雨にも関わらず人は結構見かけた。


f:id:ERI-I:20190504171526j:image


f:id:ERI-I:20190504171553j:image

通って来た通路は外から見るとこうなってるのか。

f:id:ERI-I:20190504172430j:image

当然、帰りは登った分だけ降りなければいけない。

f:id:ERI-I:20190504171357j:image

想い出ノートなんてものも置いてあった。

 

 

雨という天気がこの駅の寂れた感を一層引き立ててくれた。